カテゴリ:機材( 23 )

パソコンを新調しました

e0071178_23303857.jpg
撮影日時:2010/05/15
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 フルハイビジョン動画を編集する必要性に迫られて、PCを新調しました。映像を扱っていると、液晶モニターも普及型では満足がいかないので、デスクトップを考えたのですけど、持ち運びと置くスペースのことを考えて、ノート型にしました。最近のノートPCは、HDMI端子を備えているので、液晶モニターは、外付けのものを使えば、別にデスクトップでなくてもいいか…という発想です。

 Macが理想型なんですけど、Macだと、仕事で多用するJUST Suiteが使えないので、結局、窓機になってしまいました。窓機の中では、デザイン性と低価格なVAIOがよいのですけど、私の中では、信頼性とセキュリティーの強さで、TOSHIBAにしました。Core i5、ブルーレイが最低限のスペックなので、いわゆるカタログの標準機にはなく、特注モデルです。
[PR]
by tac_digital | 2010-05-15 08:45 | 機材

OLYMPUS PEN Lite E-PL1

撮影日時:2010/03/
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 発表当時、まず感じたこと。
 ボディーデザインが、ずんぐり、ボテッとした感じ、最高シャッタースピード1/2000秒、…これでは使えない…。
 しかも、モードダイヤル、サブダイヤル、電子水準器も省略されており、ダメ出し。すっかり眼中から消えてしまいました。

 それから、ノーマークだったので、いつの間にか、発売されていましたが、いつも行くケーズデンキにも、E-PL1が展示されていましたので、これが実機ね…と手にしてみると、グリップの引っかかりがよく、E-P1よりも持ちやすい。シャッターを切ってみると、えっ?と思うほど、AFが速い。改善されたとは聞いていましたが、これほど速くなったとは…俄然、興味がわいてきました。

 もともと、OLYMPUSの画づくりは好きですからね。フラッシュは内蔵されているは、高評価の外付けEVF対応だは…で、E-P1で、大きなネックになっていたAF速度が改善されていたとなれば、何ら障壁はないし、しかも安いとあって、これは、もう買うしかない…となりました。
[PR]
by tac_digital | 2010-03-20 09:44 | 機材

SONY Cyber-shot DSC-HX5V

e0071178_8593039.jpg
撮影日時:2010/03/06 by Nikon D40+Micro-Nikkor 55mm F3.5
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 1/2.3型機は、基本的に、作品撮りには使えませんけど、メモカメラとしては非常に便利。仕事で、メモカメラは欠かせないので、WX1を導入しましたが、高倍率機なら、さらにカバーする範囲が広がるので、今回、HX5Vの購入となりました。
 動画の音声に問題があるとか、ステレオマイクやAFイルミネーターの位置に疑問がありますが、今のところは不満は持っていません。音声問題については、メーカーの対応の推移を見守りたいと思います。

 画角的には、HX5がWX1を吸収してしまうので、HX5を導入したら、WX1は使わなくなるんだろうな…と思っていたのですけど、WX1のメリットは、レンズの明るさとコンパクトさ。実は、このレンズの明るさと大きさが、非常に大きなアドバンテージになっています。…ということで、WX1は、併用していくことになりました。

 古くから写真をやっていた方の中には、SONY製カメラやPanasonic製カメラに拒否反応を示す人も、私の周りに多くいますけど、私は、どちらも好きで、昔からよく使っています。SONYのカメラは、WX1まで、ちょっとブランクがありますが、裏面照射型CMOSセンサーのおかげで、また、SONYに戻ってきました。ようやくSD対応機が出てきたので、これから、新たにSONYのカメラに手を出される方も増えてくるでしょうね。これで、SDカードが世界標準であることが確立されました。
e0071178_9101847.jpg
e0071178_9154695.jpg
 GPSがかなり便利です。私は、アスペクト比4:3が嫌いなので、どのコンパクト機でも3:2にしていますが、HX5Vには、3:2がありません(T_T)。
e0071178_13203970.jpg
 庭の沈丁花が、よい香りを放っています。
e0071178_1645194.jpg

[PR]
by tac_digital | 2010-03-05 07:08 | 機材

中つまみ開閉式レンズキャップ

e0071178_20134576.jpg
撮影日時:2010/02/12
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 最近の田中希美男氏のブログにも書かれていますが、今では一般的になった、真ん中をつまんで開閉するタイプのレンズキャップ(写真右下)の話題です。

 FA35mm F2ALは、旧式のレンズキャップ(写真左下)で、フードを付けたままだと、レンズキャップを外したり付けたりするのに難儀します。そこで、FA35mm F2AL用に、レンズキャップを取り寄せました。ついでに、K-xダブルズームに、くっついてきたボディーマウントキャップや、レンズのリヤキャップも、すべて、ちゃんとしたものを取り寄せました。ちょっと無駄な出費となりましたが、どうにも、ちゃちな作りに、我慢がなりませんでした(^_^;)。どうも、私は、こういうところにこだわりを持ってしまうんですなぁ…。プラマウントも、クイックシフトフォーカス機構なしも、気に入らないのですけど、少しずつ、ここもクリアしていこうと思っています。

 真ん中をつまんで開閉するタイプのレンズキャップは、タムロンの特許というのは有名で、私も、キヤノンのレンズを使っているときは、ほとんど、タムロンのレンズキャップに取り替えていました。最近、特許が切れたので、どどっと、各社が、この中つまみ開閉式レンズキャップを作るようになりました。すばらしい発明ですよね~。
[PR]
by tac_digital | 2010-02-12 20:13 | 機材

PENTAX K-x のカタログでは分からないあれこれ…

e0071178_11372928.jpg
撮影日時:2010/02/06 by Nikon D40+Ai Micro-Nikkor 55mm F3.5
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 K-xを実戦投入して、1週間が過ぎました。昨年末から、購入するか迷っていた、一番の要因が「スーパーインポーズの省略」でしたが、使っていると、意外にも不満に思いません。あるに超したことはないけど、イライラするほどのものではありませんでした。

 1週間使ってみると、カタログ等では分からない、いろいろなことが分かってきます。それを、今回、思いつくままに、書いておきたいと思います。

・ダブルズームの2本は、どちらも、超音波モーターではないので、ジージーうるさいです。

・ミラーショックは大きめ。エントリー機だから仕方がないけど、ちょっと心配。

・ゴミ取りのSRは、超音波モーターの振動ではないですけど、起動させると「ガタガタッ」と音がして、手にも大きな振動が伝わり、働いてくれているんだな…という、なんだか安心感があります。これは、実際の効果とは違いますけど(^_^;)。SRは、ないよりまし程度なんでしょう。

・モードダイヤルは、ちょっと緩めで、すぐに回ってしまいます。もうちょっと固くてもよかったですね。これは、Nikon D5000の方がしっかりしています。

・smc PENTAX-DA L55-300mmF4-5.8ED の方は、画質は評判通りいいです。ただ、大デフォーカスからのフォーカシングにかなり時間がかかるので、そこが気になりました。MFで合わせた方が速い場合もありました。ペンタミラーですけど、意外と、ピントは合わせやすいですね。さすがPENTAX。

・ダブルズームの2本は、どちらも、クイックシフトフォーカスが省略されています。これも、かなり残念。だったら、ボディーのみ買って、クイックシフトフォーカスが搭載されたレンズを買い増した方が、個人的にはよかったです。どうしたって、自分の目に頼らざるを得ないときがあるので、クイックシフトフォーカスは、私にとっては必須です。

・エントリー機だから、どうしようもないのですけど、もうちょっとバッファーメモリーが欲しかったです。せっかくの秒4.7コマ連写なのに、9コマ程度でバッファーは、いっぱいになってしまいます。まあ、D5000でも、5コマでいっぱいになってしまいますから、それを思うと、いい方なんですけどね。RAW撮りしたり、倍率収差補正、ディストーション補正なんか設定していると、さらに、連続撮影コマ数が減りますから、要注意です。

・ちょっと感動したのが、手ブレ補正機能。タイマーやリモコンに設定すると、手ブレ補正機能が、自動で切れるんです。タイマーやリモコンで集合写真を撮るときに、よく手ブレ補正を切り忘れて、失敗したことがあるので、このユーザーフレンドリーな仕組みに、とても嬉しく思いました。

…とまあ、こんな感じです。要は、不満という不満がないカメラに仕上がっています。よくできていますよ。何しろ、画質はすばらしいですからね~。ちょっとのめり込みそう。
[PR]
by tac_digital | 2010-02-06 11:37 | 機材

PENTAX K-x

e0071178_2027388.jpg
撮影日時:2010/01/31 by Nikon D40+Ai Micro 55mm F3.5
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 レンズのプラマウントは仕方がないとして、ボディーのマウントキャップはもちろん、レンズのリアキャップまで、チープで、ちょっとびっくり。望遠ズームまでもフードは別売り。極限まで、コストダウンしていることがよく分かります。恐ろしく安いので、仕方がありません。…でも、気になるので、リアキャップと、マウントキャップは、ちゃんとしたのを買うつもりです。フードもないと困りますので、買わなくては。

 何故に、今、私がPENTAX K-xなのか…。
 簡単にいうと、Nikon D5000に不満があったからです。
 D90やD5000は、9割方、仕事用でしたが、歩留まりが悪く、使えない画を量産。廉価版レンズのVRの誤作動のせいなんでしょうか、連写すると、妙なブレの写真が混じっていたのが非常に気になっていました。私の個体だけかもしれません。動体追従能力も、あまり高くないですし。
 APS-C型機は、D300以上でないと、私にはダメのようです。風景などなら問題ないんですけど、動体を撮ることが多いので。

 APS-C型機だと、どうせ専用レンズを使うので、別マウントでも問題なし…ということで、PENTAX K-xに白羽の矢を立てました。
 PENTAX K-xも、エントリー機なので、過度の期待はできませんが、評判を聞くと、上々なので、これから試してみます。さてさて、私の仕事に耐えうるものでしょうか…明日から実戦投入します。
[PR]
by tac_digital | 2010-01-31 20:27 | 機材

SONY Cyber-shot DSC-WX1

e0071178_22571323.jpg
撮影日時:2010/01/23
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 WX1も、2009年9月18日に登場して4か月。低感度画質がイマイチという方が多くて、遠巻きに見ていましたが、手のひらに載るメモカメラが欲しかったので、真剣に購入を考えることにしました。
 カメラのキタムラでは、19,800円と2万円割れ。近くの競合店が安値を更新させたので、対抗価格だとか。
 Tポイントがたまっていたので、それを使って購入することにしました。持ち出しはゼロ(*^_^*)。ポイントって馬鹿にならないんですよね。私もTカード、nanaco、WAON、ヨドバシゴールドポイントカード、misdoclub、…お菓子屋、洋服屋、花屋さんのようなローカルなものも入れると、相当なものになります。このうち、数枚分は、おサイフ携帯で、携帯のアプリとなっていますけど、その他大勢は、まだ紙やプラスティックのカードで、嵩張りますが、塵も積もれば…で、年間数万円もお得になるので、持ち歩いています。
e0071178_20535014.jpg
 …さてさて、WX1のファーストインプレッション。
 とにもかくにも、筐体が小さいです。私のau携帯よりも小さいです。これが、購入の最大のポイント。
 日常的には、GF1でいいのですけど、それすら持ち歩けない場合でも、常に肌身離さず使うカメラとしてのポジショニングです。

 実は、このカメラの購入は、1月8日に決めていました。この日、出張で、ある講演会に参加していたのですが、プレゼンテーションの様子を記録に撮りたいと思いながらも、D5000とGF1しか手元になく、シャッター音がはばかられ、撮れませんでした。やはり、シャッター音のしないコンパクト機は、ないとダメだと思い、WX1に白羽の矢を立てました。

 裏面照射型センサーについては、ハンディカムHDR-XR520Vで、そのすばらしさは分かっていましたが、WX1でも、実感できます。日常をメモするカメラとして、十分機能することを感じました。

 これから、何でもかんでも、このカメラで、メモしていきたいと思います。
 メモカメラ→WX1 お気楽に日常撮り→GF1 画質は譲れないが軽快に→D5000 気合い→D3S
という感じで使い分けていきます。

 あっ、そうそう…最近のCyber-shotって、ストラップが予め本体に付いて、梱包されています。ちょっとびっくり。
[PR]
by tac_digital | 2010-01-23 20:53 | 機材

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8

e0071178_21503590.jpg
撮影日時:2009/12/24 by Nikon D40+Micro-NIKKOR 55mm F3.5
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 GF1用の手持ちのマイクロフォーサーズ専用レンズは、G VARIO 14-45mm F3.5-5.6、G VAIRO 45-200mm F4-5.6、G 20mm F1.7、LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8の4本。G VARIO 14-45mmとMACRO-ELMARIT 45mm F2.8は、仕事では使っているものの、私的には殆ど使っていません。G 20mm F1.7の1本で、殆ど用が足りている状況。

 仕事が一段落したところで、MACRO-ELMARIT 45mm F2.8を軽くレポートしてみたいと思います。
 まず驚くべきは、その大きさと重さ…最大径63mm、長さが62.5mm、重さは、わずか225gしかありません。GF1に付けても、そのコンパクトさがスポイルされません。これだけでも、大きな価値があります。

 画質については、LEICAを冠しているだけあって、確かです。まあ、マクロレンズで、ダメレンズというのは、今まで見たことがありませんけど。私は、LEICAレンズに対する特別な思いは全くありません(LEICAボディーは評価しています)が、LEICAが認めた基準をクリアしているということで、これは、マイクロフォーサーズ専用レンズで初となります。マクロだけでなく、中望遠で、風景用、ポートレート用として使っても、満足のいく画質が得られます。

 AFは速いですね。あと、強力な手ブレ補正が効きます。マクロ域では、2段くらいになってしまいますけど、ないよりは、ずっとまし。中望遠として使う分には、3~4段くらいは補正が効くようです。手ブレ補正機構を載せて、よくもまあ、これだけ軽量・コンパクトに仕上げたなぁ…と驚きます。

 マクロとして使うには、厳密なピント合わせは、MFとなりますが、MFアシストのおかげで、ピンの山をつかむことはできます。ただし、液晶が46万ドットなので、快適というところまではいきません。MFで使うのには、92万ドットくらいは欲しいですね。
e0071178_5181411.jpg
e0071178_524577.jpg

[PR]
by tac_digital | 2009-12-24 21:51 | 機材

Panasonic LUMIX DMC-GF1

e0071178_231595.jpg
撮影日時:2009/12/13
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 G1、E-P1で懲りて、しばらくはマイクロフォーサーズ機は買わないようにしようと思っていましたが、結局GF1を買う羽目になってしまいました。画質ではG11で、不満がなかったのですが、仕事用に耐えうる1/1.7型機がないということなんですね。決定打は、AF速度です。コントラスト方式では、爆速(パンケーキは、さほどではないですが)。これが、私の場合、重要です。オリンパスのマイクロフォーサーズ機に比べれば、かなり安いので、ハードルが低かったこともあります。

 Canon PowerShot G11→Panoasonic LUMIX DMC-GF1となります。 (G11の置き換えです。…G11は里子へ。)
 
 G11にしても、GF1にしても、仕事用9割、ときどき、お散歩用…というのが、私の中での位置づけです。G11は、よく頑張ってくれましたが、仕事用としては、若干AF性能が、私の求めるレベルまで達していなかったので、GF1へ移行することに。最後まで、GH1と迷いましたが、D5000があるので、よりコンパクトな一台を求めてGF1となりました。

 GF1の高感度は、G11とほぼ同程度なら、まあいいや…という判断です。ホントは、センサーが約4倍の面積を持っているのですから、もっと高感度特性が高くてもよいのですが、現状では致し方ありません。 GF1のAF速度と精度は、仕事用として、十分耐えうるなので、AF性能については、GF2やE-P3に期待したいと思います。

 E-P1は、激遅AFで、仕事用には全く使い物になりませんでしたが、その他は、非常にいいカメラでしたので、後ろ髪引かれています。特にアートフィルター。これはオリンパス機を特徴づける要素ですね。アートフィルターのおかげで、楽しさが無限に広がります。

 GF1は、どんなもんでしょう。何週間使い続けられるのか、自分で自分が見物です(^_^;)。
e0071178_10582437.jpg
 大きさは、異なるものの、遠目に見ると、TZ7やLX3にそっくりな風貌。デザインは、嫌いではありません。個人的には、E-P1(E-P2)の方が好きですけど。内蔵フラッシュの存在も大きいです。仕事用と考えると必須ですね。

 EVFは、残念きわまりないですね…20.2万ドットでは。私も、ヨドバシカメラで試しましたけど、E-P2の144万ドットを体験してしまうと、かなり見劣りします。…ということで、しばらくは買わずに。
e0071178_9121366.jpg
 相変わらず、おとなしい発色。こってり系のE-P1とは真逆の画づくりです。う~ん、どちらかというと、個人的にはオリンパスの発色の方が好きですね。すっきり感、シャープ感は、GF1の方がいい感じです。
e0071178_9122979.jpg
e0071178_9461281.jpg
 ついに、庭の西側のニホンスイセンが満開となってしまいました(^_^;)。暖冬の影響でしょうか。
 ボケは素直でキレイですね。このレンズはいいです。シャッタースピードが限界値を超えてしまうので、絞りはF2.5となりました。

 次はLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8にしましょうかねぇ…。LEICAにこだわりはありませんけど、マイクロフォーサーズ専用のマクロレンズは欲しいです。
 LEICAのレンズって、昔から描写性能は騒ぐほど大したことありません。ZEISSの方がよほど優れていると思うのですけど…。LEICAのボディーはいいと思いますけど、レンズは、ねぇ…。描写は普通ですよ。LEICAだから欲しいとは全く思いません(^_^;)。
e0071178_1255923.jpg
e0071178_1257686.jpg
 せっかく整理したのに、また増殖を始めています。いかん、いかん。
[PR]
by tac_digital | 2009-12-13 02:32 | 機材

禁断の世界に

e0071178_20384013.jpg
撮影日時:2009/11/26
にほんブログ村 写真ブログへ←応援して下さる方は、ポチッとお願いしますm(_ _)m
 画質面では全く不満のないNikon D700。
 敢えて不満点を述べると、ファインダー視野率と、バッファーメモリーでしょうか。
 ファインダー視野率は、D700購入時からの不満点でしたが、最近は、すっかり慣れて、さほど気にならなくなってきたのですけど、やはり100%に超したことありません。
 一番どうにかしたかったのが、バッファーメモリーです。連写していると、たちまちバッファーが一杯になってしまい、肝心なシャッターチャンスを逃してしまうことが多々ありました。鉄道は、1時間~1時間半も待って、やっとモノにできるぞ~という数十秒のわずかな時間内に、シャッターが切れないというのは、いかんともしがたく、もう、こうなったら、1桁機に行くしかないっ…ということで、決断しました。
e0071178_20463565.jpg

[PR]
by tac_digital | 2009-11-26 20:38 | 機材


TACがつづる勝手気ままなデジタル絵日記です。


by tac_digital

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ

(701)
(175)
(171)
(169)
(156)
(142)
(138)
(126)
(104)
(93)
(85)
(78)
(73)
(68)
(67)
(62)
(61)
(60)
(60)
(56)

カテゴリ

全体
スナップ
風景
日の出
夕景・夜景
花火
花・植物
昆虫・小動物
動物

建物
人物
子ども
スポーツ
食べ物
静物
情報
テスト
鉄道
祭り
雑記
寺社
天体
紅葉・黄葉
イルミネーション
案内

田園
海・川・湖沼

町並み
機材
テーマパーク

雪の風景
未分類

リンク

フォロー中のブログ

夢花 yu-me-ha-na
ichibey日々の記録
TAC FourThir...
ズイコー-フォーサーズ ...
東京そぞろ歩き
気ままな写真帳
夢花 2 yu-me-h...
ironのブレブレ写真館
chacoと綴る散歩日記...
- 光景彡z工房 - ◇...
Patrappi annex
花月写真館
蔵の街から
TAC GR DIGIT...
MパパBlog
TACカメラ情報館
夢花 3 素敵に咲く花...
DIGITAL ANAL...
LUMIX DMC-FX...
Daddy's mutter
一日一眼
節操のない写真館
習志野ぶら~り
風の色を探して。。。
カメラと車と自転車と・・。
D40とD300sといっしょ
Coshiのお気楽日常写真
becomes somehow
Photobra Blog
Through the ...
岳の父ちゃんの Phot...
The Digital ...
花鳥風猫ワン

以前の記事

2011年 12月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 06月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧